新鮮な魚ってどうやって見分けたらいい?

お店で魚を見極める方法

どこに注意して見極めれば良いのか

見た目が綺麗な魚は、新鮮である可能性が高いです。 魚売り場に行ったら、いろんな魚の見た目をチェックしてください。 綺麗というのは、光沢があるという意味に繋がります。 ウロコが剥げていないかも、同時に観察しましょう。 ウロコが剥がれている魚は、雑に扱われているので避けましょう。

綺麗な魚を購入しよう

新鮮な魚を選びたい時、難しいことは考えず綺麗なものを探してください。
鮮度が良い魚は、光沢がある見た目をしていています。
また、ウロコにも注目しましょう。
ウロコが剥がれている魚は鮮度が悪かったり、雑に扱われています。
そんな魚はおいしくないので避けてください。
魚を見分けるのに自信がない人が見られますが、簡単なポイントを意識するだけで判断できます。
これからは注意深く魚の状態を確認しましょう。

魚の目を見ると、新鮮かわかります。
新鮮な魚は、目が透き通っています。
目が濁っていたら、水揚げされてから時間が経っていると判断できます。
エラを見ても良いですね。
鮮やかな赤色をしていたら、新鮮な魚の証拠です。
鮮度が悪い魚は、赤黒く変色しています。
しかし勝手にエラを見ることができない場合があります。
その際は、売り場の人に見せてもらってください。
エラを見せることを拒否する売り場は、新鮮な魚を扱っていない可能性が高いので避けてください。

身を押して、固かったら新鮮な魚です。
柔らかい方が良いのではないかと思っている人が多いでしょうが、魚は水揚げされると死後硬直で一旦固くなります。
そして時間が経過すれば死後硬直が解けて、身が柔らかくなります。
その後に腐敗が進む流れです。
つまり身が柔らかくなっている魚は、腐る一歩手前だと思ってください。
最後に、臭いが気にならなければ新鮮な魚なので買っても大丈夫です。
嫌な臭いがした魚は、絶対に買わないでください。

透き通った目をしている

目が透き通っている魚は新鮮です。 魚を購入する前に、目を見てください。 鮮度が落ちると次第に、目が濁ってしまいます。 エラを見ることでも、判断可能です。 しかし勝手に、魚に触ることができないお店もあるでしょう。 その際は、売り場の店員に見せてもらってください。

柔らかい魚は危険

実は、身が柔らかい魚は鮮度が悪いので避けてください。 死後硬直をした後の魚は、身が固く引き締まっています。 鮮度が良い証拠なので、軽く魚の身体を押して判断するのが良い方法です。 また、臭いで判断する方法もあります。 嫌な臭いがしなければ大丈夫でしょう。

TOPへ戻る