新鮮な魚ってどうやって見分けたらいい?

お店で魚を見極める方法

>

どこに注意して見極めれば良いのか

綺麗な魚を探すこと

簡単に魚を見極める方法は、見た目をよく見ることです。
魚は鮮度が良いと、光沢があります。
時間が経過するとともに、どんどん濁っていきます。
濁っている魚は、鮮度が悪いので避けてください。
新鮮でない魚を食べてもおいしくありませんし、食中毒を起こす原因になります。
おいしい料理を作るためには、食材の選び方が大事だと考えてください。

店内の光の加減で、光沢があるように見せている可能性があります。
騙されないようにいろんな角度から見たり、持ち上げたりして魚をチェックしてください。
販売しているのが、ほとんど光沢のある魚だったら仕入れ状況がとても良いお店だと判断できます。
逆に濁った魚ばかりでは、良くないお店だと判断してください。

丁寧に扱われている魚

どのようにして扱われたかという部分も、鮮度に関わります。
雑に扱われた魚は、早く鮮度を失ってしまいます。
丁寧に扱われた魚を、できるだけ選択してください。
ウロコを見れば、どのように扱われたのかわかります。
綺麗にウロコが揃っていれば、大切に扱われた魚だと判断できます。
逆に、扱われ方が雑な魚はウロコが剥げている傾向が見られます。

そのような魚は、捌きにくいというデメリットもあります。
捌いてもボロボロになるので、見た目が悪くなります。
料理は見た目も意識して、作らなければいけません。
丁寧に扱われた魚なら、綺麗に捌くことができるでしょう。
ウロコも姿を見るだけで、鮮度をチェックできるポイントなので注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る